土嚢袋

多様なシーンで使える袋

土嚢袋は建築現場で出たようなクズをしまって回収することができる便利な袋です。また中に土砂や水を入れて重さを出し、家やビニールシートが移動しないように活用する方法もあります。他にも土砂の流入を防ぐために積み重ねて使用します。

作業現場

ネットで買える商品の概要

コストを削減したいと考える施工業者が活用しているのは、1枚当たりの単価が割安な、現場シートの通販サイトです。既製品のラインナップも豊富ですが、デザインにこだわったり、耐久性に優れた現場シートを選ぶことも可能です。

土のう袋

現場で使いたい袋

土嚢袋を購入する際は使用するシーンに応じた種類を選びます。例えばゴミの運搬に用いる場合は重量が重くなるものは避けた方が良いでしょう。また一般的な土嚢袋は白色ですが中身を周囲の人に見られたくない場合は黒いものを購入できます。用途に応じて色を選びましょう。

建設現場

専門業者に制作依頼をする

現場シートには広告を載せることができます。その建設会社のPR広告を載せるなど、有効活用してみましょう。もちろん、その場合には専門業者に制作を依頼することになります。費用や実績などから選択してみましょう。

作業員

工事の心強い味方

土嚢袋はガラ袋と異なり鋭利ではないものを詰めるために用います。土砂の流入を防いだり工事現場で壁を作ったりする際に便利です。袋を積み上げる際に注意したいのは紐の結び方と重ね方です。隙間が生まれないように一段目の土嚢袋の上に土をかけましょう。

使用する目的があります

建設現場

宣伝効果があります

建築現場での作業を始める際には、足場を組み、その周りに現場シートを取り付けていきます。現場シートにはハトメ穴が開いているため、ロープでしっかりと足場に固定して雨風にも耐えられるようにしっかりと張り巡らせます。建築現場で現場シートを張る理由はいくつかあります。一つ目は、作業中に資材や工具の落下を防ぐためです。内部で作業していても現場シートがあるおかげで下を歩いている通行人への被害を防いでくれます。また、外壁や床を雨水や埃から守るためでもあります。作業中に天候不順になると作業が遅れる以外にも現場が汚れてしまうので手間が掛かります。この現場シートが手間を省いてくれます。最近では販売促進として有効活用されています。現場シートはカラーで印刷することが可能なため、企業の新しい宣伝媒体として使われています。企業名や会社のロゴなどを載せて、多くの人も目につくようにデザインを考えられています。また、周囲の景観と調和させるために自然の樹木を描いたり、元の建築物と同じような建物のコピーを描く場合もあります。現場シートの素材は垂れ幕の生地を使用するので大変丈夫です。紫外線をカットして、長時間の日差しにも色あせしにくい特徴があります。現場シートへの印刷方法は素材を溶着させることで綺麗な状態を保つことが可能です。サイズもさまざま用意がありますが、特殊な大きさも作成が可能なので、長時間かかる工事現場を有効に活用して宣伝しましょう。

Copyright© 2017 建設現場で現場シートを利用する理由をリサーチ【会社の宣伝が可能】 All Rights Reserved.