専門家に連絡する

毎年夏〜秋頃になるとどこかでハチに襲われたと言うようなニュースを目にします。また、実際にハチの巣を見たことがある人も多いでしょう。 もともと自然の中で生活してきたハチですが、郊外にも住宅地が進出するようになって人間と生活圏が重なるようになってきました。そうなると、雨の掛からない住宅の軒下や壁の隙間などはハチにとって好都合な場所です。 ハチの巣が人に被害が及ばないような場所にある場合は良いのですが、人に危害の及ぶ可能性のある家屋などに巣をかけられてしまったら駆除を考えるしかないでしょう。昔はハチの巣の駆除はその家の人間が行っていましたが、最近は行政の担当課に連絡したり、駆除の専門業者に依頼することが増えています。

ハチの巣の駆除の一番の問題点はリスクが高いことです。春〜初夏頃のまだ巣が小さい時期などでしたら早めに自分で駆除してしまうことも可能かもしれません。しかし、夏〜秋にかけてはハチがとても活発になり、巣を守ろうとして攻撃的になります。また、高所に巣があることも多いので、リスクの高い作業になってしまいます。 刺されたり、転落する可能性や薬剤等を準備したりすることを考えると、専門の業者に依頼するほうが確実と言えます。 小さな子供の居る家庭や高齢者のみの世帯などは、素早く駆除する必要があります。 なるべくハチを刺激しないようにして、駆除業者に相談しましょう。24時間受付などで迅速に対応してくれる業者もあるので安心です。