多様なシーンで使える袋

土嚢袋

工事現場から水害まで

土嚢袋は安価で使い勝手の良い資材です。一般的な袋とは異なり水はけが良いのが特徴的であり、中に土を入れても破れないだけの耐久性があります。土嚢袋の中には一般的に土砂や水を入れますが、建築現場で出た不要なクズをしまって回収することもあります。土嚢袋は通気性の良い袋ですから産業廃棄物を保管する上でも使い勝手が良いのです。こうした用途の他にも土嚢袋はよく土砂や水の流入を防ぐために用いられます。大き目の土嚢袋は一杯に土を詰めると成人男性並みの重さが出ます。その袋を隙間なく重ねて高さを出せば、特定の地域を水害から守るためにも使えるのです。また工事現場ではよく地ならしする必要があるため、土砂の移動を防ぐ必要があります。そのような場所に積み重ねて使用します。こうした方法の他にも土嚢袋は工事現場でブルーシートを押さえる役割を果たします。一定の重さがあるのが魅力ですから、風が強い日に飛ばされたくない物の上に乗せましょう。水害の時は家が流されるのを防ぐために多くの土嚢袋を用意することもあります。企業や家庭で災害に見舞われた時は土嚢袋に詰める物が確保できないことがあります。そう言った時のために水に漬けることで重さが出る吸水性の土嚢袋を用意しておくと良いでしょう。地域によっては自治体で土嚢袋を提供してもらえる場所もあります。袋を隙間なく重ねるのが難しい時は、段ボールに入れて活用すると良いでしょう。こうした方法であれば高さや面積を出しやすいのが魅力的です。

Copyright© 2017 建設現場で現場シートを利用する理由をリサーチ【会社の宣伝が可能】 All Rights Reserved.