工事の心強い味方

作業員

活用方法は多様

土嚢袋は工事現場や家庭など多様な場所で使うことができる袋です。ガラ袋は瓦礫やガラスをしまいますが、土嚢袋は水や土砂など鋭利ではないものを詰めるために用います。形状は長方形が一般的ですが、中には枕のように縦幅が長い土嚢袋もあります。こうした袋は広い範囲で土砂の流入を防ぎたい時に活用することができます。また土嚢袋の中にどれくらい土を入れれば良いのか分からない場合、目安となるラインが入ってるものを購入すると良いでしょう。工事現場で新入りのスタッフが活用する上でも便利な袋です。土嚢袋は常に資材として活用するわけではありません。時によれば中に産業廃棄物をしまって捨てることもあります。このような用途のために土嚢袋を購入する際は使い捨てのものを選ぶと良いでしょう。土嚢袋はホームセンターだけではなくネットショップでも購入できます。袋を積み上げる際に注意したいのは紐の結び方と重ね方です。積み上げた後に紐が解けてしまうと全体が崩れてしまいますので、何重にもして結びましょう。また一段目の土嚢袋の上に土をかけることによって隙間が埋まります。上に土嚢袋を積み上げる場合は、一段目の表面が平らになるようにならすと良いでしょう。 二度目の土嚢袋は真上に積み上げるのではなく、隙間を埋めるようにずらして重ねていきます。袋の耐久性が気になる場合は、二重にして活用すると良いでしょう。大きなものが当たったとしても簡単には破れません。

Copyright© 2017 建設現場で現場シートを利用する理由をリサーチ【会社の宣伝が可能】 All Rights Reserved.